Excel VBA

EXCELVBA 処理の所要時間を計測して表示してみる

プログラムにて大量の処理を行う場合は、処理の所要時間が気になるところです。 以前、プログレスバーを使って視覚的に進捗状況を伝える処理をご紹介致しました。 今回は、処理時間を計測し、処理終了時に所要時間を表示する方法をご紹介致します。 ※今回のサンプルの環境は、Excel2016を使用しています。

EXCEL VBA シートの保護と保護の解除をする

以前、EXCELの「シートの保護」についての設定手順を紹介致しました。 数式やタイトルなど、入力をして欲しくないセルに対して、変更をさせない様にするという処理です。 以前の設定については、手動の設定の方法について紹介致しました。 それでは、シートの保護をVBAのプログラムで行うとしたらどうなるかを、今回はご紹介致します。

EXCEL VBA 入力されているセルの最終行数を取得する

EXCELにて、現在入力されている最終行がどこか知りたいという要望は多いかと思います。 今回は、EXCEL VBA で入力セルの最終行の値を取得する処理を作成してみます。今回の内容は、要望の多さからEXCEL VBAでもかなりメジャーな手法かと思います。 また、汎用性が高いので、他の処理との相性も良いかと思います。

EXCELVBA ChangeイベントとIntersect使って、指定した範囲内のセルが変更された時の制御を作る

EXCELで特定のセルが変更されたら、何か処理を行いたいという要望は多いと思います。 簡単な計算式ならば、数式でも対応は可能ですが、より柔軟な対応をしたい時には、プログラムで作って対応することもできます。 今回は、EXCEL VBAで指定した範囲のセルに入力された時に処理を行うプログラムをご紹介致します。

EXCELVBAでプログレスバーを作る

以前にEXCEL VBAの起動について紹介致しましたが、今回はEXCEL VBAを使って、プログレスバーを作成する手順についてご紹介致します。 プログレスバーとは、パソコンを利用する上で度々目にするアレです。 ダウンロードおよびインストールなどで目にされる事が多いかなと思います。EXCEL VBAでもこれが作成できます。 プログレスバーにより処理の進捗状況が確認できるので、フリーズの誤認なども防げ […]

EXCEL VBAを始めるにあたっての設定

  今回は、EXCEL VBAの環境を用意します。 VBAとは「Visual Basic for Applications」の略でプログラミング言語の一つです。 具体的なコーディングの前準備までを書いていきます。今後のコーディングについては、今回の準備が前提となります。 手順は複雑ではありませんので、ざっとやっていきましょう。