処理時間計測

EXCELVBA 処理の所要時間を計測して表示してみる

プログラムにて大量の処理を行う場合は、処理の所要時間が気になるところです。 以前、プログレスバーを使って視覚的に進捗状況を伝える処理をご紹介致しました。 今回は、処理時間を計測し、処理終了時に所要時間を表示する方法をご紹介致します。 ※今回のサンプルの環境は、Excel2016を使用しています。